家庭教師のメリット・デメリット

家庭教師ってどういうバイト?

家庭教師は他のアルバイトよりも大学生に人気なアルバイトです。

家庭教師は塾講師と通ずるものがあるため、メリット・デメリットは塾講師と比較した形で説明しています。あらかじめ当サイトの⇒⇒塾講師を読んだ上でご覧ください。


■仕事内容

授業やテストの監督・採点、宿題の丸付けなど。

一人の生徒の授業のみという場合がほとんどです。


■時給

時給は1,500円~2,500円が相場のようです。時給に幅があるのは、家庭教師を斡旋する企業によるものもありますが、生徒に勉強を教える能力も反映される場合があるからです。

この仕事は先生の経験や能力が時給に反映される可能性があり、 授業が上手で生徒の成績を向上させるのが得意な人はその分評価され、時給があがる場合があります。

それでも、いずれの場合にせよ家庭教師は他のアルバイト(塾講師を含めて)と比べて時給が高いことは間違いないでしょう。


塾講師のメリット

時給が高い

上にも書いてありますが、家庭教師は他のアルバイトと比べるとダントツで時給が高いです。


やりがいは塾講師以上

基本的に、生徒に対して先生は一人、つまり一対一で教えることになります。家庭教師は塾講師よりも生徒ととの関わりが密なものとなるため、責任の感じる度合いが大きくなります。

生徒の成績が向上する、受験に受かる、といったように自分の授業が上手く反映された結果になれば、その喜びや生徒のご両親からの評価は大きくなります。

しかし、同時に、成績が低下する、受験に失敗する、といったように上手く反映されなかった場合の罪悪感や精神的ダメージも大きくなります。

この仕事は生徒の成績が直接自分の能力と判断されるため、その良し悪しによって継続かクビかが決まってしまいます。

個人契約をしていた場合、生徒が受験に合格して生徒のご両親からボーナスを頂いたという話や成績が低下してすぐにクビになったという話もよく聞きます。

生徒のご両親も高い月謝を支払って家庭教師を雇っているので、先生への評価は厳しめです。

家庭教師はやりがいや責任の大きさは企業を通して授業をする塾講師よりも大きい仕事と言えるでしょう。


休みの融通が効く

家庭教師は一家庭の生徒との契約になるため、その生徒さえ振替の授業の都合がつけば休みをとることができます。

塾講師の場合は、個人授業の場合でも一度の授業で2,3人を受け持つことが多いので、休みたい場合でも、それぞれの生徒と振替の授業を決めるのは容易ではありません。

風邪や急なテストで休みたいときは家庭教師の方が融通がききます。


家庭教師のデメリット

決して稼ぎやすいアルバイトではない

稼ぎやすさという点に関しては塾講師よりもやや劣ります。

塾講師ならば、違う時間で複数の生徒をみることができるので、その分授業の回数が増え給与が増えることもあります。

しかし、家庭教師は先ほども言いましたが、一日の授業で一人の生徒を請け負うことがほとんどです。その時間は1時間~2時間程度でしょう。

しかも、授業は生徒の家で行うことになります。自分の家の最寄り駅や通学途中にあれば良いのですが、そのようなことはめったにないため、生徒の家までの通勤に時間をとられてしまいます。

授業時間と通勤時間を考えて時給を計算すると割の良い仕事とは言えないこともあるので注意が必要です。

家庭教師のアルバイトをしたい学生は事前に生徒の家までの移動時間や授業時間を踏まえて割に合うかどうか考えることをオススメします。


報告書の提出が必要

大学生が家庭教師をする場合、ほとんどの人が企業を通して生徒を紹介してもらう形になります。

企業によっては毎週生徒の成績や進路などを報告書としてまとめあげ、提出する必要があります。

この報告書作成の仕事は時間外労働となり、給料が発生しないこともあるため、人によってはめんどうだと感じる人がいるかもしれません。


コンテンツトップ
⇒⇒大学生おすすめバイト図鑑

オススメ記事

※画像をクリックすると記事に移動します

このエントリーをはてなブックマークに追加