リゾートバイトのメリット・デメリット

リゾートバイトってどういうバイト?

リゾートバイトは、何といってもテーマパークやスキー場などそのシーズン最も繁盛する場所のアルバイトですので、大学生にはたいへん人気です。

そのため採用されるのは他のアルバイトよりも難しいです。また、母体数の少なさも採用が難しい要因の一つとなっています。


■仕事内容

リゾートスタッフというのは夏休みや春休み、冬休みを利用して海の家やスキー場、旅館などに住み込みで働くアルバイトです。

リゾートバイトの仕事はその施設によってまちまちですが、基本的には接客、施設の運営・掃除がメインの仕事です。長期休暇の仕事ですので、各施設とも非常に混雑し忙しい仕事です。


■時給

時給は1,000円を超えるところが多く、何日も続けて働くことができるので1回の長期休暇の間にたくさん稼ぐことができます。


リゾートバイトのメリット

とにかくたくさん稼げる

時給1,000円以上のアルバイトで一ヵ月以上ほぼ毎日働くことができるため、効率は非常に良いアルバイトです。

しかも住み込みで働く場合、その間の光熱費や食費が浮くのでさらにお金が貯まりやすくなります。

長期休みだけで20万円以上稼ぐのも夢ではありません。


貴重な体験ができる

住み込みで働くというのは非常に貴重な機会です。しかも、働くことができ、一ヵ月ほどの長期休暇をとれるのは大学生のうちしかないので二度とできない体験ができると言ってもいいでしょう。

ホテルや旅館なら海外から来たお客様との交流、観光名所では空き時間にバイト仲間と散策、海の家ではバイト後にBBQや花火、といったようにどの施設でもそこでしかできないような体験が盛りだくさんです。

働きながら思い出を作りたい、青春したい大学生にはぜひお勧めしたいアルバイトです。


友達ができやすい

リゾート施設でのアルバイトは常にバイト仲間と時間を共有することになるので、仲良くなるまでの時間の短さや親密度は他のアルバイトとは比べ物になりません。

もちろんほぼ大学生のスタッフですので、アルバイトで出会った仲間とその後も遊んだり、交流を保つのも良いでしょう。

また、リゾートバイトは日本全国から集まるので、各地方の友人を作ることができ、興味深い話が聞けたりするので、自分の価値観が広がります。


リゾートバイトのデメリット

体力勝負!

リゾートバイトは旅館やスキー場などの整備や掃除をすべて任されます。

大きな機材を運んだり、ベットを移動して掃除するといったように力仕事が多い場合もあります。 しかも、それが毎日続くので慣れるまではたいへんです。

体力に自信のない人はある程度覚悟しておきましょう。


バイト期間が長すぎる

リゾートバイトは長い期間仕事することを求められることが多いです。

バイト期間が3ヵ月~半年になるものもけっこうあります。

単位を取り終わった学生や休学中の学生は良いですが、普通の学生はそんなに長い間休みをとることはできませんよね。

中には「年始年末のみでOK」「1ヵ月~2ヵ月のみOK]というバイトもあるので求人情報はこまめにチェックしておきましょう。


採用は狭き門

上にも書きましたが、このアルバイトは大学生に非常に人気であり、全国から応募がきます。また、施設の母体数も元々少ないので競争倍率が非常に高いです。

また、特に人気のある施設ではリゾートバイトの経験者が優遇されることも多いので、初めてリゾートバイトを応募する大学生はとにかく積極的に応募する数を増やす必要があります。

一度リゾートバイトの仕事をやれば、次年度は採用される確率が上がるので、自分の行きたい施設は諦めずに挑戦することが大事です。

リゾートバイトの仕事は早いもの勝ちな部分も多いので長期休暇が近づいてきたら小まめに求人案内をチェックするようにしましょう。


コンテンツトップ
⇒⇒大学生おすすめバイト図鑑

オススメ記事

※画像をクリックすると記事に移動します

このエントリーをはてなブックマークに追加

リゾートバイトのメリット・デメリット」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 離島!ナガシマ!のリゾートバイト★ | 大学生アルバイトのススメ

コメントは受け付けていません。