採点・添削バイトのメリット・デメリット

採点・添削バイトってどういうバイト?

まず、⇒⇒学生のオススメ副業!在宅ワークのメリット・デメリットを読んで在宅バイトの大まかな特徴を捉えておくことをオススメします。

採点や添削のアルバイトが存在することをご存知でしょうか。

このバイトは知らない人・聞いたことあるけど中身を知らない人が多い抜け道的なアルバイトです。

では、具体的に仕事内容をみていきましょう。

この仕事は、予備校や個人塾が運営する中学校や高校などの記述式全国模試採点の採点・添削をするバイトです。

もちろんただ○×をつけるだけではなく、答案の中身を読み解いて部分点を付けることもあります。

特徴は、時給という概念はなく採点・添削する枚数に作用される歩合制という点です。

基本的に採点枚数は100枚単位での募集で、模試の難易度により採点の難しさは異なります。

採点・添削のアルバイトは各予備校のホームページで年度末や年度初めに募集されることが多いようです。

採用形態としては、履歴書送付⇒面接・テスト⇒採用となります。

採点バイトは採点者の学力が求められるのでほぼ確実に採用のテストがあります。

しかし、大学に合格できる学力があれば合格できるテストがほとんどですので安心してください。

一度採用されると継続して依頼されることが多いので、大学1年生から始めると長期間バイトすることが可能です。

また、長い間続けていると社会人でも継続して採点を依頼される人もいます。

このバイト独自の特徴は、「紹介による採用」が重視されている点です。

模試の採点は学生の運命を作用するので、大きな責任のある仕事です。

不特定多数の人から募集するよりも実際に採点している人に紹介してもらう方がこの仕事に向いている人が集まるようです。

【採点のマニュアル】

採点者によって得点にばらつきが生まれてはいけません。

各予備校ごとに、かなり細かい採点マニュアルが作成されています。

「○○○と書いていたら5点」「○○○と書いていなければ―5点」などなど 設問すべての点数にこういったマニュアルによる採点を行うので失敗することはありません。

また、採点中わからないことがある場合は、本部に質問できるようになっています。


採点・添削バイトのメリット

慣れると高時給

この仕事は、慣れれば慣れるほど時給が高くなります。

最初のうちは、要領が掴めず採点に時間をとられてしまいます。

しかし、回数をこなすことで採点の要領を掴み驚くほど早く採点できるようになります。

早くなると採点の時間は1枚3~5分まで短縮でき、時給2,000円を越えるスピードで仕事をこなせるようになります。


自宅で作業できる

このバイトの答案採点方法は2つあります。

・自宅に答案が送付されるので、採点して再び送付する
・Webに答案がアップロードされるかメールで送られてくるので、パソコン上で採点して提出

送付された答案の採点かパソコン上の採点になるので自宅や授業の空き時間に採点が可能です。

突然授業が休講になった場合やふとした空き時間に採点バイトができるのは時間の有効活用になりますね。


自分の得意科目で勝負!

苦手科目は避けて、得意科目だけ応募することができます。

塾講師と合わせて楽にバイトをこなす学生も多いようです。

当然、科目による仕事量に差異はないので、心配する必要はありません。ただし、英語や国語は、数学や理科と違い答案がよりバラつきやすいので給料が高くなることもあるようです。


採点・添削バイトのデメリット

バイト時期は不定期

このバイトは、模試のあるときだけ仕事を貰えます。模試の回数は予備校や塾にもよりますが、年に4~6回程度ですので、頻繁に仕事ができるわけではありません。

しかし、常に仕事があるわけはない点をメリットとする人もいます。


募集のタイミングが不定期

バイト募集タイミングは、予備校によって異なります。いつの間にか募集が終わっていたりするので厄介です。

しかも、バイトする地域によっても募集タイミングが異なる予備校もあるので要注意です。

3月や4月になると予備校が大学の校門付近で募集することがあるので、よく観察しておきましょう。

とにかく年度末から予備校のホームページは要チェックです。
採点バイトを募集している主な予備校一覧
 ・河合塾
 ・駿台
 ・代ゼミ
 ・ベネッセ


コンテンツトップ
⇒⇒大学生おすすめバイト図鑑

オススメ記事

※画像をクリックすると記事に移動します

このエントリーをはてなブックマークに追加