飲食店バイトのメリット・デメリット

飲食店バイトってどういうバイト?

■仕事内容

飲食店でのアルバイトでは主にホール担当とキッチン担当のスタッフで分かれます。

・ホールスタッフ
  ホールスタッフは食事の運搬や注文を受ける仕事

・キッチンスタッフ
  キッチンスタッフは料理やドリンクを作る仕事

ホールとキッチンどちらのスタッフをやるか選べるお店もありますが、選べない場合もあるので、希望がある場合は電話などで確認するようにしましょう。


■時給

時給はファミレスやファーストーフードのような飲食店では平均的に850円~950円程度で、居酒屋やバーになると1000円~になるようです。

どのタイプのお店でも深夜になると約25%増しになるところが多いです。


■注意事項

飲食業ですので、接客の際のマナーや身だしなみの厳しい指導を受けます。

また、飲食店では週末、金曜日の夜から日曜日にかけてが最もお客様が来店します。そのため、土曜日や日曜日にシフトを入れると重宝され採用される確率が大きくなります。

逆に、土曜日や日曜日に部活動やサークル活動で忙しい大学生は門前払いとなる可能性もあります。


飲食店バイトのメリット

「まかない」が出る

仕事の休憩時間や終わりの際に、お店の商品をまかないとして提供してくれます。

下宿している大学生にとって、食費が浮くのでたいへん有りがたい特典です。

求人ページには必ずまかないの有無が記載されているので確認するようにしましょう。

まかないの形態もお店によって異なります。私が経験、聞いたまかないの例をご紹介します。

焼肉屋:余ったお肉食べ放題
パン屋:余ったパン持ち帰り放題
居酒屋:お店の商品4割-7割り引き
ラーメン屋:好きなラーメン

などなど。同じ種類の飲食店でもお店によってまかないは変わります。


厳しい接客マナーの習得

飲食業ではお客様と直に接するので接客も厳しく指導されます。

ほとんどのお店にマニュアルがあり、全員きちんと覚える必要があります。将来、接客業に就きたい大学生はこういった指導を受けると参考になると思います。


出会いの場になりやすい

飲食店は、友達作りや恋人作りには最適なバイトです。

詳しくはコチラに詳しく記載していますので、ぜひ参考にしてみてください。
 ⇒⇒異性に出会える・恋人を作れるバイトとは?


飲食店バイトのデメリット

時間帯によってはハード

飲食店ですので、お昼時や夕食時はお客様がたくさん来店します。

もちろんお客様が多いと注文が殺到しますのでお店全体が忙しくなります。

忙しい時間帯は先輩や社員もイライラしやすく、自分がミスしてしまうこともあります。

忙しい時間帯に初めから対応するのは無理ですので、慣れる努力をして、最初のうちは怒られるのは仕方ないと開き直るようにしましょう。


コンテンツトップ
⇒⇒大学生おすすめバイト図鑑

オススメ記事

※画像をクリックすると記事に移動します

このエントリーをはてなブックマークに追加