学生必見!ブラックバイトを見分ける4つの特徴



無知な学生を狙うブラックバイトとは!?

ブラックバイトに関しては、これからバイトを始める学生、既にしている学生に関わらず知っておくべきです。

ブラックバイトは数年前からよく使われるようになった言葉です。昔から使われている「ブラック企業」のバイト版ですね。

ブラックバイトの定義は色々ありますが、最もメジャーな定義は 学生が学生としての生活を維持できないバイト です。

具体的にどういったバイトのことを指すのか見ていきましょう。

  • 正社員並みに働かされる(授業や試験があっても休ませてくれない)
  • バイトでは対応できないほどのノルマを与えられる
  • サービス残業が多い
  • パワハラやセクハラをしてくる
  • ノルマ未達成のとき商品を買い取らされる
これだけ見るととんでもないバイトです。できればブラックバイトには当たりたくないものです。

ここからブラックバイトの可能性があるバイトの特徴を紹介します。

必ずしも全てのブラックバイトに当てはまるわけではないですが、ある程度の目安にはなるはずです。


①常時バイトを募集している

ブラックなバイトは当然仕事が辛く、辞める人が後を絶ちません

また、「あのバイトキツイらしいよ」という風に噂にもなってしまいます。

そういった理由から常時バイトを募集していることが多いです。 求人誌をチェックしていて何カ月もバイトを募集しているようなら避けた方が良いです。


②拘束時間のバイト代が出ない

塾講師や家庭教師は授業の時間のみバイト代が発生する場合が多いです。しかし、それだけでブラックバイト認定する必要はありません。

塾講師や家庭教師の場合は、あまりにもサービス残業が多い場合のみ避けるようにしましょう。

テストの丸付け、進捗状況の報告、授業の復習・予習など業務はバイト先によって様々です。

給与体系や給与が発生しない時間にすべきことは必ず面接のときに確認しておきましょう。


③面接が雑

自己紹介だけして、「明日から入れる??」といった感じの面接を形だけ行うバイト先にも注意が必要です。

そういったバイトは辞める人が多く、人手が欲しいだけなので面接は形だけになってしまっています。

「どうせまた辞めるだろう」といった使い捨て感覚の場合もあります。

本当に人気のあるバイトなら人もしっかり選ぶために綿密な面接を行うはずです。


④バイトの条件をはっきり明示してもらえない

②とも被る部分もありますが、バイトの条件をはっきり明示していない場合も気を付けてください。

・働く時間
・給料アップする深夜帯の時間
・授業が忙しい時に休むことができるかどうか

最低限これらのことはバイトの面接のときに聞いてください。ろくに話も聞いてくれないようなら、その場で採用辞退しても問題ありません。


まとめ

最近、本当にブラックバイトの話をよく聞きます。

ブラックバイトを避ける一番のコツは、面接のときに納得いくまで質問し続けることです。

それで納得いかないなら「やっぱり御社で働くのは無理です。申し訳ありません」と告げましょう。

学生の本分は学業です。その学業を邪魔するようならバイトを辞める勇気を持つことも大切です。

就職しているわけではないので、気軽な気持ちで仕事を断るようにしましょう。


コンテンツトップ
⇒⇒大学生バイトの基礎知識

オススメ記事

※画像をクリックすると記事に移動します

このエントリーをはてなブックマークに追加