学生がアルバイトをするデメリット



学力の低下

学生の本分は言うまでもなく学業です。しかし、バイトと部活動やサークルを掛け持ちして自宅での勉強時間を確保しない大学生が数多くいるのが現状です。

さらには、学校に行かずその時間すらもバイトに費やす大学生も少なくありません。

卒業さえできれば良いと言う人もいるかもしれませんが、学生は学校にお金を払って学びに来ていることを思い出してください。

社会人になると会社に居る時間とは別に仕事の勉強したり、或いは仕事の合間の時間を遣って勉強しなくてはならなくなります。

学生は勉強をすること、さまざまな知識を蓄えることが仕事です。

せっかく親や先生から与えられた大事な時間をバイトばかりに使っていては、そのときにしか学ぶことができない大事な知識を無駄にしてしまうことになります。

職種によってはテスト期間中も行かなければならないバイトも存在するため、そうなってしまっては成績低下は避けられません。また、最悪の場合留年するといったこともあるでしょう。

それでは、大学生は1年間にどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

学費が半期で25万円の場合、1年で50万円かかります。

さらに、下宿していて月5万円の家賃を支払っていた場合、最低でも学費と合わせて100万円はかかることになります。

これでは、1年間バイトしたお金がほとんど無駄になってしまいますよね。 学生の本分を見失わずに、適度なバイトと学業の両立を目指してください。


過度のストレスがかかる場合がある

バイト先は学校とは別の世界、いわゆる社会へと出ていく必要があります。

学生は採用されたら学生としてではなく、一人の社会人として扱われるようになります。

そこでは先輩や社員による圧力や要求に耐えなければならない場合もあります。

また、バイト先には多種多様な人間が所属しているため、ときには自分が苦手な人や難しい性格の人と一緒に仕事をしなければならないこともあります。

そういった場合は、社会に出るため1つの勉強だと思って割り切ることが大切です。

また、バイトは学校と違い辞めることにためらう必要はほとんどないと言って良いでしょう。

過度のストレスを感じた場合、勇気を持ってバイトを辞めましょう。


学校による規制

学生がアルバイトをする場合、学校がバイトを認めている必要があります。

大学ならばほとんどの学校でアルバイトが認められていますが、高校は逆にバイトを認めている学校はあまり存在しません。

もちろん認可されていない場合、バイトをしてはいけません。

もし、認可されていない学校の学生がバイトしているのがばれた場合、その学生は停学や退学といった処分になるのは避けられません。

学校が認めていないことは絶対に行わないようにしましょう。


コンテンツトップ
⇒⇒大学生バイトの基礎知識

オススメ記事

※画像をクリックすると記事に移動します

このエントリーをはてなブックマークに追加