大学生の平均月収はいくらなの?



大学生ってどのくらい稼いでるの?

アルバイトをしている大学生の平均月収はどのくらいでしょうか。

さっそく結果を見てみましょう。

大学生の一ヶ月の平均収入は40,000円と言われています。(調査期間2017.3.10 – 2018.4.10)
50,000円以上稼ぐ学生は、全体の2割程度のようです。

月の平均が40,000円ということは、時給900円のアルバイトをしていた場合、約44時間働いたことになります。

ということは1週間で11時間働く必要がありますね。週3日働くとして1日の労働時間で考えると、3~4時間程度です。これなら勉強やサークル・部活との両立ができそうです。

通勤時間まで考えると、月に50時間程度バイトに費やすことになります。


学生はバイトだけが全てではない

これだけ聞くと、

「けっこうみんな働いてるじゃん!」
「あ。私もそれくらいだー」

と皆さんの感想はそれぞれあると思いますが、バイトの時間が、思ったより少ないと感じる人も多いのではないでしょうか。

実際は学生の本分が勉強だということを自覚できている学生が多いのかも知れませんね。また、サークルや部活動、文化祭実行委員などに時間を費やす学生も多いと思います。

正直、アルバイトで得られる経験値は実際働いてる社会人からしたら微々たるものです。もちろん職種によりますが。

ですので、学生のうちは勉強や研究に没頭したり、サークル活動を通して青春を味わうのも非常に貴重な経験です。

アルバイト以外にも奨学金(月平均3,5000円程度)を貰っている学生も増えています。反対にリーマンショック以降、仕送りの額は減っているようです

もっと働いている学生もいるようですが、働きすぎは税金を取られる可能性があるので注意してください。

税金については⇒⇒知らないと損をする税金の知識で詳しく解説しています。

サークル・バイト・勉強を上手に両立して留年という事態に陥らないようにしましょう。留年するとバイトでは取り返せない額のお金がかかってしまいます。

詳しくは⇒⇒大学生がアルバイトをするデメリット


コンテンツトップ
⇒⇒大学生バイトの基礎知識

オススメ記事

※画像をクリックすると記事に移動します

このエントリーをはてなブックマークに追加