大学生おすすめバイト図鑑

大学生になると交際費やサークルの会費などとにかく支出が多くなってしまいがちです。

その費用を賄うためのバイトをするのはもちろんのこと、バイト自体を楽しみにしている学生も多いと思います。

しかし、バイトはたくさんの種類があるので、初めてバイトをする大学生にとっては、どの職種が自分に合っているかわからないものです。

ここでは、バイトそれぞれの特徴やメリット、デメリットを簡潔にまとめてみました。バイト探しに失敗しないための情報が盛りだくさんです。

どの職種にしようか迷っている学生はぜひご覧ください。


さらに、大学生が重視するカテゴリ別でアルバイトをまとめました。こちらもぜひ参考にしてください。

時給が高いバイト

短い時間でたくさん稼ぎたい学生も多いのではないでしょうか。

時給が高いバイトは特殊な能力が必要だったり、普段の努力を必要とする仕事が多いです。大学1年から続けていればそれなりに慣れていくと思うので継続するのが良いでしょう。

塾講師・家庭教師

塾講師
時給は個別指導の場合平均で1,200円~1,500円程度で、集団指導の場合平均で1,500円~2,000円となっており、集団指導の方がやや高めに設定されています。
いずれの場合も他のアルバイトと比べるとかなり高額です。
家庭教師
時給は1,500円~2,500円が相場のようです。時給に幅があるのは、生徒に勉強を教える能力も反映される場合があるからです。

 ⇒⇒塾講師のメリット・デメリット
 ⇒⇒家庭教師のメリット・デメリット

アパレルスタッフ

おしゃれに服を着こなすセンスや普段から髪型や肌に気遣う必要があります。人を選ぶ仕事であるため給料は高めに設定されています。

しかし、給料の一部を洋服代に使わないといけないお店も存在するので要注意です。

⇒⇒アパレルスタッフのメリット・デメリット

ホテルスタッフ

昼間働くことのできない大学生は夜勤で稼ぐことになります。ホテルマンは給料が高く、一般的なマナーも習得できます。

高級ホテルなど時給が高いところでは、時給1,500円を超えるホテルもあります。

1日でたくさん稼げるバイト

こちらは先ほどと違い1日でたくさん稼ぎたい学生に向いています。

大学生になると恋人へのプレゼントや旅行など急に大金が必要になることも多いですよね。

平日は部活や勉強に忙しい学生でも短時間でしっかり稼ぐことができますよ。

イベントスタッフ

平日は授業とサークル、部活動で忙しい大学生も週末に高時給かつ長時間仕事に入ることができます。

夏休みや冬休み、春休みはイベントも多くなり、バイトに余り時間を取られたくない大学生に人気です。

日当で支払われることも多く、1日働いて10,000円越えることもあります。

⇒⇒イベントスタッフのメリット・デメリット

引っ越しバイト

筋力を鍛えながらお金を稼ぐことができます。

1日働くとクタクタになりますが、給料は日当で支払われることが多いのでやりがいありますよ。1日働いて10,000円~1,4000円程度が平均給料です。

⇒⇒引っ越しバイトのメリット・デメリット

試験監督

試験監督は資格やスキルアップの試験の際にサポートをする仕事です。

この仕事は単発が多いので、毎週のようにアルバイトを入れるのは無理という大学生にも人気があります。

時給は平均して900~1,100円となっています。

⇒⇒試験監督のメリット・デメリット


オススメ記事

※画像をクリックすると記事に移動します

このエントリーをはてなブックマークに追加