面接の受け方・コツと聞かれやすい質問



面接官の目を見てハキハキと答える

面接は初めてバイト先の方と対面する場です。この面接という関門を突破すればほとんどの場合で、晴れて採用となります。

面接で大事なことは
  • 面接官の目をしっかり見て、話を聞く、話す
  • 笑顔でハキハキと質問に答える
  • 面接官の質問に対して曖昧に答えない
です。うつむいて話したり、真顔や暗い顔をして答えるのは悪い印象を与えてしまいます。

特に、接客業は人と対面したときのスキルが求められます。

みなさんがお客様として来店した時、店員が下を向きながらボソボソと話されたらどう思いますか。

当然、あまり良い印象を持ちませんよね。

店員にはお客様の目をしっかり見て笑顔で対応してもらいたいはずです。

面接担当者は面接のときから応募者がちゃんと接客ができるかどうかを見定めています。

自分がその職場で働いたときの理想の店員の姿を想像してみましょう。

面接時にそれに近い対応を見せることができれば採用される確率がアップします。

また、面接の際、自分の条件を曖昧に答えるのはやめましょう

例えば、バイトの希望日がある場合、「この曜日とこの曜日は無理です」「この日は空いていません」といったように明確に自分の意思を示しましょう。

バイト先からしたら採用した後に面接時と違うことを言われることほどやっかいなことはありません。 そうなってしまっては悪い印象を持たれてしまうのは当然のことです。

最初からトラブルの原因を作るようなことはやめましょう。


面接で聞かれやすい質問

バイトの面接で聞かれる質問はある程度決まっています。例をいくつかあげておきます。
  • どうしてこの仕事を選んだか
  • どうして弊社なのか
  • これまでにバイトはしてたか
  • あなたのどのような部分を仕事に活かすか
  • これまでの過去の経験をどう活かすか
  • いつから働けるか
  • 週に何回入れるか、何時間働けるか
  • 通勤時間と通勤方法
これらはよく聞かれる質問ばかりです。予め答えを用意しておきましょう。


こちらからも質問しよう

バイトの仕事内容や環境の理解を曖昧なままで仕事に入るのは、後々のトラブルの元です。

例をいくつかあげておきます。
  • 具体的にどのような仕事をするか
  • 職場の雰囲気はどんな感じか
  • 何人で仕事をするか
  • 交通費は支給されるか、まかないの有無
  • 合否の結果はいつ出るか


さらに好印象を持ってもらうために

最低限面接時に必要なスキルは上に書かれてあることを押さえれば大丈夫です。

ここからはさらに好印象を与える方法を述べていきます。
メモをとる
面接時にメモをとることにより、仕事に対して積極的な姿勢を見せることができます。また、業務内容や必需品など忘れては困ることも面接時にメモしておくのが良いでしょう。
余裕を持って到着しよう
面接時間の5~10分前には到着しておきましょう。控室で待機する間にも考える時間ができて心の余裕を持つことができます。
もちろん遅刻は厳禁です。遅刻したら相当悪い印象を与えてしまうことを覚えておきましょう。


コンテンツトップ
⇒⇒『バイト採用』攻略ガイド

オススメ記事

※画像をクリックすると記事に移動します

このエントリーをはてなブックマークに追加