面接時の服装



服装は普通が一番

一部のアルバイトを除いて面接は基本的に私服で問題ありません。

だからといって、派手すぎる格好やだらしない格好は避けるべきです。

露出の多い服装であったり、ジャージにサンダルなどのような極端な格好はNGです。面接担当者の印象を悪くしてしまいます。

アルバイトの面接時は「普通のどこにでもいそうな服装」や「落ち着いて見える服装」が好ましいです。

例えば、「シャツ+無地のカーディガン+黒パンツ」といった格好が落ち着いた、フォーマルな格好に感じますよね。

服装以外でも、アクセサリーをたくさん身に着けていたり、ネイルや奇抜すぎる茶髪も避けた方が良いでしょう。



面接時にスーツ着用の職種は!?

上に記載しているように基本的にスーツで面接を受ける必要はありません

しかし、スーツ着用の仕事はスーツで面接を受けるのが望ましいです。

例えば、塾講師、試験監督員、事務職、などがスーツ着用で面接を受けるべき職種です。さらに、このときは、証明写真もスーツで撮るのが望ましいとされています。

もし、スーツ着用か判断に迷う際は面接前に電話で確認するようにしましょう。



個性を出すのが良い職種もある!

ブランド店やアパレルスタッフのアルバイト面接時に、多少の個性を出すのは好印象です。

オシャレに興味があることをアピールし、仕事への意欲を伝えることができます。

それでも、過度なオシャレは、店員として不適切であると判断される可能性があるため避けるようにしましょう。

他にも、美容室やバーなどのように若い女性に人気のあるお店では、適度にオシャレしていくのも良いでしょう。

個性を出すのが良いとされるアルバイトにアパレルショップ店員があります。⇒アパレルスタッフのメリット・デメリットに面接時の服装等も含めて、仕事内容をまとめてありますのでぜひご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加