バイトを辞めるときの伝え方 電話?直接会う?

会って伝えるのがベスト!

バイトを辞める時、どう伝えるのが適切でしょうか。

バイト先の社員に直接会って言うのは気まずいから、電話で伝える方もけっこういると思います。

「二年は続ける」と言ったから・・・・
 失敗ばかりで社員とあまり仲良くない・・・・

といった理由のせいで直接会って伝えることを避けがちになってしまいます。

しかし、どうしても電話などを使わざるを得ない状況でない限りは直接伝えるのがマナーです。バイトとはいえ仕事に関わることですので、辞めてしまうとお店に大きな影響を与えてしまいます。直接伝えるのが社会の一般常識です

もちろん、事故で入院している、お店でセクハラされていたなどのトラウマがある、といった理由の人は無理にお店まで伺う必要はありません。電話で理由を告げれば十分です。

言いにくいとはいえ、お世話になったお店を辞めるのですから最後まで責任感を持って対応しましょう。

誠意・感謝の姿勢をみせよう

バイトを辞める理由が言いにくい理由の場合、さらに直接会うのが嫌になりますよね。

しかし、そのお店で働かせてもらって給料を貰っていたのですから、きちんと誠意ある態度を示しましょう。

さらに感謝の気持ちを伝えることも大切です。

・良い経験ができたこと
 ・自分の成長につながったこと

などそのお店で働けて良かったという気持ちを伝えましょう。

会うのがどうしても嫌で面と向かって言えない場合は、電話でそれらのことを伝えても良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加